米国公認会計士(CPA)合格への道
米国公認会計士(CPA)に関連したブログ。 CPA単語、米国大学で実際に出た問題などを掲載。
プロフィール

PUNK

Author:PUNK
日本で独立・開業後、更なるスキルアップのために渡米。現在、某アメリカ州立大学でCPA合格を目指して奮闘中!!



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



勉強しながら簡単副収入サイト

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーリンク



お勧めCPAテキスト



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Unearned Revenues(前受収益)
今日はUnearned Revenues(前受収益)についてです。

Unearned Revenuesは、Balance Sheetの負債(Liabilities)の項目です。

Unearned Revenuesは、一定の契約に従い、継続して役務(Service)の提供を行う場合、
まだ提供していない役務に対し支払いを受けた対価を言います。
したがって、このような役務に対する対価は、
時間の経過と共に次期以降の収益(Revenue)となるものだから、
これを当期のIncome Statementから除くとともに、
Balance SheetのLiabilitiesに計上しなければなりません。

例をあげて説明しますね。

例えば、2005年にアパートを年$100で3年間、貸し出したとします。
この場合、以下のように仕訳をしていきます。

1/1 (Dr.) Cash   300
       (Cr.)Rent Revenue    300

発生主義(Accrual Basis)ではサービスの提供した時に、収益(Revenue)を計上します。
(憶えてますか?)
ですから、2年分のRevenueを減らさなければなりません。

で、期末に決算整理(Adjustment)をします。

12/31 (Dr.) Rent Revenue   200
        (Cr.) Unearned Rent    200

※Rent Revenueは収益なので、減らす為にはDebit側に記入します。
Credit側には、Unearned Revenueを使います。


Unearned RevenueにもPrepaid Expenseと同じように2つの計上の仕方があるので、
それは次回にします。それではまた。

■勉強しながら簡単副収入サイト■
A8.net
電脳卸
メディカムアフィリエイト
【バナーブリッジ】
楽天アフィリエイト
1億人.com
Traffic Gate
高確率!!インターネット現金獲得術
スポンサーサイト

テーマ:資格 - ジャンル:ビジネス


この記事に対するコメント
コミック
【2008/11/13 06:57】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://villageo.blog25.fc2.com/tb.php/27-af4837f3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。